ホームページ > 関連記事一覧 > Apple Music 関連 > Amazon Echo と Google Home:徹底比較

Amazon Echo と Google Home 、どっちがいい?

Amazon Echo とGoogle Homeの比較・違い

2014年、Amazon Echo が日本に登場しました。そして、2016年11月、Amazon Echo のライバルとして登場した Google Home が日本にも上陸しました。まさに、「スマートスピーカー(AIスピーカー)の始まりのとき来たれり!」という感じですね。

ここ数年、日本でも各社のスマートスピーカー「LINE Clova」「Google Home」「Amazon Echo」が順次発売となりました。現在、日本で最も人気があるのは「Google Home」 と 「Amazon Echo」 かと思います。しかし、「でも、それって何が違うの?」と思う人が多いでしょう。とはいえどれを使ったらいいんだろう?こちらでは、この2大巨頭のスマートスピーカーの違いを分類別に分けて比較してみました。Amazon Echo とGoogle Home のどちを買うか迷っている方はぜひ参考にして下さい。

Amazon Echo vs Google Home 徹底比較一覧


Spotify   Spotify
価格 11,980円
(Prime会員7,980円)
15,120円
安価製品 Echo Dot Home Mini
対応音楽サービス Amazon Music
dヒッツ
うたパス
Google Play Music
Spotify(Free含む)
うたパス(予定)
モニター付製品 日本なし なし
対応動画サービス (予定:Fire TV連携 Prime Video操作) Chromecast連携
Youtube操作
Netflix操作
連携サービス Amazon Prime関係
(Primeショッピング, Prime Photos…)
Google Webサービス
(Google Photos、Google Map…)
スピーカー 2.5インチウーファー
2.0インチツイーター
PlayStation 4/3
2インチドライバ
Apple TV4
2インチデュアルパッシブラジエーター搭載
ハイエクスカーションスピーカー
ハードウェア特徴 7つのマイクで集音性能高
ビームフォーミングで音声出力性能高
マイクは2つだが音声認識性能は高い
低音が効いた良音質スピーカー
外部拡張基盤 Skills 日本250個以上
海外2万5千Skill以上
Actions on Google
既に10個以上対応
家電操作 可能 予定
プッシュ通知 スマート家電連携
Echo Plusでハブ省略
(予定:FireTV連携でテレビ電源)
スマート家電連携
Chromecast連携でテレビ電源
共有機能 スケジュール管理、ニュース読み上げ、メッセージ送受信、Bluetoothスピーカー化 スケジュール管理、ニュース読み上げ、メッセージ送受信、Bluetoothスピーカー化

これを踏まえた上で、さらにそれぞれの強みをざっくりまとめてみましょう。

1. Amazon Echo vs Google Home: 機種は?

Amazon Echo は Google Home に比べて商品のラインアップが豊富です。

Amazon Echo シリーズには、Amazon Echo、Amazon Echo dot、Amazon Echo Plus、Amazon Echo showや Echo spot など製品がありますが、ただし残念なことに日本ではEcho Show/Spot/Look は現時点で発売予定はありません。 Google Home の側には Google Home と Google Home miniがあります。

Google Home と Amazon Echo、Google Home mini と Amazon Echo dot は似たような商品だと思います。しかし、価格の点について、Google Home の方が高いです。Amazon Echo ((アマゾンエコー) は11,980円(Prime 会員 7,980円)ですが (Google ホーム)は 15,120円です。 また、Google Home mini と Amazon Echo dot が安価版的の存在であり、Echo Dot の価格は 5,980円 (Prime 会員3,980円)ですが、Google Home mini は 6,480円になります。

製品の種類と本体価格によると、アマゾンエコーをお勧めします。


機種比較・違い


2.Amazon Echo vs Google Home : 音質は?

「Google Home」は音質面がマイナス評価です。Google HOME(mini ではない)の音質は、よくも悪くも『低音を非常に重視した音質』との意見が多いようです。逆に言うとそれ以外の中音域、高音域がイマイチパッとしないという意見が多めます。この音質面が致命的欠点ですが「google、LINE、Amazon と三社が出ましたが、音声認識や検索では google が一番でしょう」といった声もあるように、その認識精度は高く評価されている。

一方で Amazonecho(Dot、Plusではない)の音質はというと、パっとみたサイズ感より重音、高音などが綺麗に出ている感じ、と評価する人が多いです。低音高音共にバランスが良く、音楽鑑賞であればこっちを選ぶ、といった好評が目立ちます。

音質ではなく音声認識技術や、AI の対応力のみを重視した方が前者をお勧め、室内用音楽プレイヤーとして活用することを考えている人は良い音質を持ちのアマゾン echo をお勧めします。


比較・違い


3. Amazon Echo vs Google Home: 対応している音楽サービスと料金は?

スマートスピーカーで最も主要な要素の一つは音楽サービスと思います。
Google Home の場合、「Google Play Music」「Spotify」「うたパス」などの音楽サービスに対応します。Spotify が Premium はもちろんのこと無料版でも利用可能です。音楽サービスの月額料金を支払わなくても音楽再生機能が使えるのです。
Amazon 側は、安価なものを含む豊富な料金プランが魅力的です。、音楽配信サービスとしては、Spotify Freeが使える点がメリット。このおかげで無料で音楽の流し放題が実現可能です。両者の利用環境では、主なオプション内容をあげて料金で並べて、代表的なモデルが以下のようなものです。

  • 「Google Home」+「Spotify Free」:0円 (任意再生)
  • 「Echo」+「Prime Musicのみ」:325円 (200万曲)
  • 「Echo」+「Unlimited Echoプラン」:380円 (4000万曲)
  • 「Echo」+「dヒッツ」:540円 (450万曲)
  • 「Echo」+「Prime + Unlimited」:975円 (4000万曲)
  • 「Google Home」+「Play Music」:980円 (4000万曲)
  • 「Spotify Premium」の利用:980円 (4000万曲)
  • 総合すると、Amazon 側の低価格帯含む選択肢の豊富さが優位です。Google Home は無料の Spotify Free が使える点がメリットでしょう。



    Amazon Echo と Google Home


    4. Amazon Echo vs Google Home: 動画サービス、テレビ連携は?

    動画サービスも連携しましたので、気軽に見たい動画が再生可能になります。リモコン操作無しでドラマの続きを再生なんてことも可能です。

    Amazon Echo の場合、Fire TV (Stick などシリーズ商品全般)と連動して、Prime Video の再生操作が可能です。Fire TV 自体は、Hulu や Netflix, YouTube などと連携していますが、それらのボイス操作は現状あまりサポートされてないようです。 Google Home は Chromecast と連動して、現状 Youtube と Netflix、au のビデオパス(近日)の再生が可能です。両者では同様に、テレビと連携した電源のオンオフが可能です。再生動画の音量コントロール、早送り、巻き戻し操作も可能です。
    大きい差は、Prime Video を扱えるのは将来的にも Amazon Echo だけだということです。Google は YouTube が自社コンテンツであり音声操作も可能ですが、YouTube はオープンなコンテンツなので Fire TV からも視聴は可能です。ただ、Alexa での音声操作は現状できません。

    もし YouTube を観ることが好きなら、Google Home をお勧めします。


    比較・違い

    これまで違いを色々と比較しましたが、結局どちらを買えばいいのか?自分が重視する機能・サービスから選んだほうがいいです。ぜひ自分にあった端末を選択して下さい。


    Apple Music と Apple Music 音楽変換を併用してさらに音楽を楽しもう!

    Apple Music 音楽変換とは、プロの Apple Music 音楽変換ソフトのことです。Apple Music 音楽変換を使えば、Apple Music からダウンロードした音楽をよく使われている音楽形式 MP3、AAC、WAV、M4A、FLAC などに高品質で変換して永久に保存できます。非常に素晴らしいソフトだと思います。

    Apple Music 音楽変換特徴 Apple Music での音楽を高音質のまま録音可能。
    特徴 Apple Music での曲を普通の MP3、AAC、FLAC、WAVなどの形式に変換できる。
    特徴 アーティスト名、タイトル、アルバムなどの ID タグ情報をそのまま保持。
    特徴 iTunes 12.8 に完全対応。
    特徴 Windows 版Mac 版も用意。

    >> Apple Music 音楽変換についてもっと詳しく知りたい方はこちらへ <<

     ダウンロード
    Mac 版
     ダウンロード
    Windows 版


    Amazon Echo と Google Home で Apple Music を再生する方法:

    Apple Music の楽曲を Amazon Echo で再生するには?
    近頃、アマゾンエコーを得たばかり、オンラインで答えを探してみましたが、まだよくわかりません。 Alexa に Apple Music の音楽を聴くことができますか?
    もっと詳しさがこちらへ>>
    Apple Music の楽曲を Google Home で聴く方法は?
    本当に Google ホームが欲しいですが、音楽購読は Apple Music ですから、Google Home 上で、Apple Music や iTunes の楽曲を聴けたい ...
    もっと詳しさがこちらへ>>

    上記の文によって、簡単な操作でApple Music の音楽をアマゾンエコーとGoogle ホームで思う存分に楽しめます。さっそく、Apple Music 音楽変換をダウンロードして使ってみましょう!

    Apple Music 音楽変換(Windows 版):
    NoteBurner Apple Music コンバーター(Windows 版)を無料ダウンロード       NoteBurner Apple Music コンバーター(Windows 版)を購入
    Apple Music 音楽変換(Mac 版):
    NoteBurner Apple Music コンバーター(Mac 版)を無料ダウンロード     NoteBurner Apple Music コンバーター(Mac 版)を購入

    関連記事:

    Apple Music 音楽変換

    最強の Apple Musc 音楽変換ソフト
    Windows 版の詳細を見る Mac 版の詳細を見る

    おすすめの人気新製品

    Spotify での音楽を MP3 に変換できるソフト

    関連記事

    Apple Music 音楽変換

     無料体験
    Mac 版
     無料体験
    Windows 版