ページの上部に戻る

NoteBurner Apple Music Converter を入手

ホームページ > Apple Music 関連 Tips >

Apple Music を解約するには、どうする?解約後、どうなる?解約後も聴ける方法

Apple による待望の新サービス「Apple Music」(アップルミュージック)が2015年7月1日に開始されました。1カ月で980円、ファミリーパック(6人)ならば1480円で、数千万曲の洋楽と邦楽が聴き放題になります。そこで、Apple Music とは何ですか?Apple Music を契約したくない、どうすれば解約できますか?Apple Music を解約後、「My Music」に追加した曲とダウンロードした曲はどうなるでしょうか。ダウンロードした Apple Music の曲は聴けるでしょうか。Apple Music を MP3 に変換することは可能でしょうか?この記事では Apple Music について知っておくべきことを詳しくご説明します。

関連製品:Apple Music で配信される曲を 320kbps MP3 に高品質で変換して保存!

Apple Music について知っておくべきこと

Apple Music とは?

Apple Music (アップルミュージック)は、Apple が提供する定額の音楽配信サービスです。2015年7月1日、日本を含む世界100カ国以上でサービスが開始されました。

革新的な音楽サービスとしては、音楽をストリーミングで聴けるうえ、自分に合った音楽をロックなどのジャンルを選んでいくだけで自動選曲してくれる機能もあります。毎日24時間流れるグローバルラジオでは、「Beats 1」というチャネルが用意され、さまざまな DJ がセレクトした楽曲が聴けます。そして、アーティストとファンの交流スペース「Connect」では、アーティストは楽曲だけでなく写真やメッセージをファンに送れます。ファンはいいねを押して応援することが可能です。おすすめの Apple Music 変換ソフト >>

Apple Music について

また、Apple Music のほかに、Spotify や Amazon Music Unlimited も特に人気です。Apple Music か、Spotify、Amazon Music のどっちかを選択することに迷っている方は、以下の記事を読んでみてください。

関連記事:Apple Music 対 Amazon Music Unlimited、どっち? | Apple Music 対 Spotify、どっち?


Apple Music メンバーシップとは?料金プランは?

Apple Music のメンバーシップに参加すると、Apple Music のラジオステーションを聴く、Connect のコンテンツを保存、Apple Music ライブラリにある6,000万曲以上(2019年12月現時点)が聴き放題でき、Apple Music のコンテンツを自分のライブラリに追加、オフラインで聴くためにダウンロードする機能も利用できます。

Apple Music のメンバーシッププランでは、公開時、「個人(月額980円)」と家族で最大6人まで利用できる「ファミリー(月額1,480円)」の2種類から選択することができます。さらに、2016年11月30日から日本でも Apple Music 学生メンバーシップが開始され、4年制大学や大学院に在学する学生の方は半額の月額480円で Apple Music を利用することができます。Apple Music の学生メンバーシップを登録する方法 >>

メンバーシップ登録後、3か月の無料トライアルをすることが可能になります。トライアル期間の終了時にメンバーシップが自動的に更新され、 アカウント設定で自動更新をオフにするまで毎月課金されます。

関連記事:iPhone で Apple Music のメンバーシップ登録を行う方法

Apple Music メンバーシップと料金プラン

Apple Music を利用できるデバイス・端末

Apple Music のメンバーになると、Apple ID で Apple Music にサインインすれば 6,000万曲以上をあなたの iPhone / iPad / iPod Touch などの iOS デバイス(iOS 8.4以降)、Mac / Windows パソコン(iTunes 12.2以降)、Android スマートフォン(Android 4.3以降)、Apple TV(第4世代)、Apple Watch、CarPlay 搭載のクルマまで、幅広く利用できます。外出中はスマートフォン、自宅では PC やタブレットというように、いつでもどこにいても利用できるのは嬉しいところですね。

Apple Music を利用できるデバイス・端末

さらに、専門の変換ソフトを使うことで、Apple Music の曲を iPod Shuffle、ウォークマン、MP3 プレイヤー、Kindle Fire などあらゆる端末でもオフライン再生できます。Apple Music を iPod に入れて再生する方法 | Apple Music での音楽をウォークマンに入れて再生する方法 | Apple Music を Kindle Fire で楽しむ方法


Apple Music メンバーシップのメリット

Apple Music のメンバーであれば、6,000万曲以上が聴き放題でき、オフライン再生のためにダウンロード機能を利用することもできます。Apple Music を利用していると、自分の好きなタイミングで好きな曲をダウンロードして、オフラインで再生可能です。外出先でも高音質で楽しみたいなら、気に入った楽曲を端末にダウンロードしておけばよいです。さらに、データ通信量を節約することもできます。

ユーザー好みの曲を Apple Music がおすすめしてくれる「For You」という機能も優れています。この機能は Apple Music メンバーシップのみ利用可能です。初期設定で登録したお気に入りのジャンルやアーティストの情報に基づいて、音楽のエキスパートがプレイリストやアルバムをおすすめしてくれます。モバイルデータ通信量を使わずに、iPhone で Apple Music の音楽を思い存分楽しもう!>>

Apple Music のメリット

Apple Music には DRM がかかっているって本当?

Apple Music からダウンロードした曲のプロパティをチェックしてみたら、Apple の独自 DRM 保護技術の「FairPlay のバージョン 2」とあり、DRM(デジタル著作権管理)が付与されたことが明らかになりました。

Apple Music には DRM がかかっているって本当?

「FairPlay」とは、アップル社の独自の著作権管理システムのことです。この FairPlay で保護された Apple Music の曲は、メンバーシップ契約期間中は自由に利用できるが、メンバーシップを解約すると聴けなくなります。

関連記事:Apple Music と DRM についてのよくある質問 | Apple Music の DRM を無効化する方法


Apple Music を解約する方法は?

Apple Music は、初期設定では1ヶ月単位でメンバーシップの自動更新がオンになっています。3か月の無料トライアルが終わると Apple Music は自動継続して課金されます。継続希望しないで解約する場合は、課金前のタイミングで自動更新をオフにしておく必要があります。

解約手順:ミュージックアプリ、もしくは Apple Music のアプリを開き、>> アカウントボタンをタップ >> 「登録を管理」をタップ >> 「登録をキャンセルする」、Apple Music の無料体験する場合では「無料トライアルをキャンセルする」をタップ >> 「確認」をタップします。これで解約の手続きは完了です。解約が完了すると、「ご利用中の登録」の欄に契約終了日が表示されます。Apple Music を解約する方法 >>

Apple Music を解約

Apple Music 解約後、どうなる?

Apple Music 解約後、どうなる?

Apple Music を解約後、Apple Music で聴き放題の曲が再生できなくなりますMy Music に追加した曲はロックがかけられ聴けなくなり、契約期間中にダウンロードした曲はライブラリから消え、iCloud ミュージックライブラリも表示されなくなります。それから、Apple Music のコンテンツをあなたのライブラリに追加する機能、ラジオステーションを聴く機能、オフラインで聴くためにダウンロードする機能、エキスパートから音楽の提案を受ける機能も、解約後は全て利用できなくなります

ただし、Apple ID を使ってサインインすれば、Connect 上でアーティストのフィードを表示、アーティストをフォロー、コンテンツを再生したり、「ラブ」をつけたり、コメントを投稿する機能とラジオステーション Beats 1を聴く機能も契約時と変わらず利用できます。

関連記事:Apple Music の解約後、My Music に追加した曲を残したままにしたい!


解約しても、Apple Music の曲を聴ける方法!

一般的には、Apple Music を解約後、ダウンロードした楽曲は聴けなくなりますが、契約期間に、Apple Music からダウンロードした曲を DRM なしの MP3AACWAVFLAC などの形式に保存しておけば、契約中でも、オフラインでも、更に解約後でも、Apple Music の曲を好きなだけ楽しむことが可能になります。Apple Music の無料体験期間が終了後、購読しなくてもダウロードした曲が継続して聴けって本当!?

必要なツール:Noteburner Apple Music ConverterWindows 版 | Mac 版


Apple Music 再登録するには?どうなる?

解約後、Apple Music に再度登録したい場合も、前と同じように登録を行えば OK です。Apple Music を再利用する場合、下記の二つの可能性があります。

1、30日以内:30日以内で再登録すると、今まで通り Apple Music から追加した曲、作成したプレイリストなどデータはそのまま利用することが可能になります。

2、30日経過後:30日経過後、再登録すると新規登録になってしまいます。今までに追加した曲、作成したプレイリストはデータから完全に削除され、この前利用していたデータを引き継ぎ利用不可となっています。


Apple Music のユーザーが必ず入手すべきソフト

Noteburner Apple Music ConverterWindows 版 | Mac 版

Noteburner Apple Music Converter とは、史上最強の Apple Music DRM 解除と変換ソフトであり、先進的な技術を採用し、Apple Music での曲を MP3、AAC、WAV、FLAC などに劣化せずに変換できます。曲名、アーティスト、アルバムなどの曲情報も全て保持します。100% 安全かつ安心できるソフトです。

これ一本を使えば、Apple Music から好きな曲を好きなだけ変換して、任意のデバイスでも、オフラインでも、解約しても楽しめます。さらに、iTunes Store から購入した音楽の変換も対応します。最新の Windows 10 と macOS 10.15 に対応します。Windows 版では、Apple Music を CD に焼く機能も利用できます。 もっと見る >>

NoteBurner Apple Music Converter
NoteBurner Apple Music Converter の特徴
  • Apple Music で配信される楽曲を高品質のまま録音保存。
  • Apple Music を MP3、AAC、WAV、FLAC に変換できる。
  • 劣化せず!最大10倍速変換を実現。
  • 曲タグ情報をすべて保存する。
  • 見やすい操作画面、使いやすい。
ダウンロードNoteBurner Apple Music Converter for Windows ダウンロードNoteBurner Apple Music Converter for Mac

ご注意事項NoteBurner Apple Music Converter は個人利用のみ可能で、商用利用不可ですから、このソフトを使って変換された曲をインターネットにアップロードしたり、販売したりすることをしないようにご注意ください。


Apple Music についてのよくある Q&A

徹底解説!Apple Music 「項目は使用できません」、「この項目は再生できません」の原因・解決策

【解決】Apple Music ダウンロードできない曲がある時の対処法

Apple Music を使い始めたら iTunes で同期ができなくなった時の対処方法

「この曲は現在、この国または地域では再生できません。」と表示され、Apple Music で曲が聴けなくなった場合への対処法