ホームページ > 関連記事一覧 > Apple Music 関連 > 「Apple Music」対「Spotify」

「Apple Music」対「Spotify」:徹底比較

言語を選択:日本語 English

Apple Music と Spotify の比較・違い

2015年7月、アップルの定額音楽配信サービス「Apple Music」が登場しました。2016年9月、世界最大手の音楽配信サービス「Spotify」がついに日本にも上陸しました。

ここ数年、音楽ストリーミングサービスの発展につれて、アップルのApple Musicとスウェーデンの音楽ストリーミングサービスのSpotifyは、オンライ音楽市場の二大巨頭となります。しかし、どちらのストリーミングサービスがおすすめか?それでは両サービスを並べて、それぞれの面からそれらの類似点と相違点をご紹介したいと思っております。

Apple Music vs Spotify の特徴一覧:


Apple Music  Spotify  
料金プラン 個人プラン(月額980円)
ファミリープラン(月額1480円)
学生プラン(月額480円)
無料プラン
プレミアムプラン(月額980円)
試用期間 3ヶ月 30日間
配信曲数 3000万曲以上
邦楽アーティスト数:83組
(東京indieよりの調べた結果)
4000万曲以上
邦楽アーティスト数:56組
(東京indieよりの調べた結果)
音質(ビットレート) 最大256kbps 96kbps/
160kbps/
320kbps
自動判別機能あり
歌詞表示機能 あり あり
オフライン再生機能 あり(無制限) あり(3,333曲まで)
対応機種 iOS デバイス(iOS 8.4 以降搭載):iPhone 4S 以降、iPad 2/iPad mini 以降、第5世代 iPod touch 以降
Apple TV4
Android スマートフォン/タブレット:Android OS 4.3 以降
Mac パソコン:OS X 10.9.5 以降
Windows パソコン:Win7 以降
iOS デバイス(iOS 8 以降搭載):iPhone 4S 以降、iPad 2以降、第5世代 iPod touch 以降
Androidスマートフォン/タブレット:Android OS 4.0.3 以降
PlayStation 4/3
Windows phone:Windows phone 8 以降
Mac パソコン:OS X 10.9 以降
Windows パソコン:Win7 以降
共有機能 Facebook、Twitter、Tumblr Facebook、Twitter、Last.fm

1. Apple Music vs Spotify:料金は?

Apple Music と Spotify は、どちらのサービスも月9.99ドルの会費であり、しかし、家族のユーザーにとって、Spotify より Apple Music の方が良い価格を提供しています。(Apple Music は 6 アカウントで月15ドルの会費に比べると、Spotify が5アカウントで月30ドルの料金を払います。)

また、Spotify は Apple Musicと異なる無料で聴ける広告モデルも提供している。それは、料金を払いたくない方かつ広告があっても構いませんの方に対して、いい選択です。さらに、両方のサービスは、共に無料試用期間を提供しております。(Apple Music :3カ月、Spotify:30日)

ヒント:個人ユーザー向けにSpotify、家族向けにApple Musicをおすすめ。


2:Apple Music vs Spotify: 音質は?

今、音楽業界において、もし音質を重視するなら圧倒的に「Spotify」ですという噂があります。配信される楽曲の圧縮レートをSpotifyなら最高品質に指定できます。

そのうえ、Apple Music での音質は最大256kbpsで、Spotify での音質は320kbps になります。両者の最大ビットレートを比べると、Spotify の方がより一層甚だしいようですが、パソコンの音を大きくして聴いてみると、Apple Music の方が重低音が安定していて、よりよいです。Spotify はヘッドフォンで聴く分には問題ないですが、音を大きくして聴くと、全体がシャンシャンと響きます。

ヒント:自分の好みによってサービスを選択したほうがいい。


Apple Music と Spotify の比較・違い


3. Apple Music vs Spotify: 楽曲の発見は?

ユーザーの音楽の好みを理解して、おすすめの楽曲を提案する機能は、ほぼすべてのストリーミングサービスに用意されており、SpotifyとApple Musicも例外ではない。だが、両サービスのアプローチにはわずかな違いがある。Apple Musicは、「Beats Music」リコメンデーションエンジンを使ってユーザーの好みを理解し、新しいおすすめを継続的に検索する。初めてアプリを起動したとき、お気に入りのアーティストやジャンルを選ぶことができ、楽曲を聞いているうちに、「For You」タブにおすすめの曲がどんどん追加されていきます。

Spotify の場合、その機能はApple Musicほど目立った特徴はないが、アプリの一部として利用できる。Spotifyの「Browse」ページでは、朝の通勤や退勤後のエクササイズなど、時間帯や活動に合わせたプレイリストが重視されている。「Discover」タブには、聞いた楽曲の履歴に基づいておすすめが表示されるが、Apple Musicほど表立った機能になっているわけではない。

ヒント:Spotifyで、リストされた20のアルバムの中で、6つぐらいに慣れます。Apple Musicでは、Coldplay、Elvis Presley、Robert Johnsonなどの主流アーティストをリストアップします。



Apple Music と Spotify の比較・違い


4. Apple Music vs Spotify: ラジオは?

ラジオの機能といえば、SpotifyとApple Music両者の仕組みは大きく異なる。Apple Musicの「Beats 1」ラジオステーションは、毎日24時間、全世界100 カ国以上にライブ放送されます。AppleはBeats 1を運営するため、DJを雇っており、素晴らしい音楽を流すだけでなく、音楽や音楽文化の注目トピックに関する議論や、独占インタビューも放送されます。

Spotifyにはライブ放送のラジオ機能を持っていませんが、お気に入りのアーティスト、ジャンル、楽曲、プレイリスト、アルバムに基づいてステーションを作成すれば、その好みに合った楽曲が検索される。これらのラジオステーションは基本的に、いつでもエンドレスに再生できるオンデマンドのプレイリストだ。楽曲に、気に入ったか気に入らないかの評価を付けることで、Spotifyがユーザーの音楽の好みをさらに把握できるようになります。

ヒント:もしラジオを聞くことが好きなら、Apple Music のほうが圧倒的です。


Apple Music と Apple Music 音楽変換を併用してさらに音楽を楽しもう!

Apple Music 音楽変換とは、プロの Apple Music 音楽変換ソフトのことです。Apple Music 音楽変換を使えば、Apple Music からダウンロードした音楽をよく使われている音楽形式 MP3、AAC、WAV、M4A、FLAC などに高品質で変換して永久に保存できます。非常に素晴らしいソフトだと思います。

Apple Music 音楽変換特徴 Apple Music での音楽を高音質のまま録音可能。
特徴 Apple Music での曲を普通の MP3、AAC、WAV、FLAC、M4A などの形式に変換できる。
特徴 アーティスト名、タイトル、アルバムなどの ID タグ情報をそのまま保持。
特徴 iTunes 12.7 に完全対応。
特徴 Windows 版Mac 版も用意。

>> Apple Music 音楽変換についてもっと詳しく知りたい方はこちらへ <<

 ダウンロード
Mac 版
 ダウンロード
Windows 版

Spotify と Spotify 音楽変換を併用してさらに音楽を楽しもう!

Spotify 音楽変換Spotify 音楽変換は、Spotify 向けの究極音楽変換ソフトです。このアプリを使えば、Spotify での音楽や、プレイリストを MP3、AAC、WAV、FLAC などに変換して高品質で保存できます。変換後、曲の ID タグ情報をそのまま保持してくれます。さらに、CD 焼くの機能を用意してくれます。これ一本を持てれば、Spotify での音楽を気軽に CD に焼くことができます。

>> Spotify 音楽変換についてもっと詳しく知りたい方はこちらへ <<

 無料ダウンロード
Mac 版
 無料ダウンロード
Windows 版


関連記事:

Apple Music 関連人気記事

Apple Music ダウンローダ

 無料体験
Mac 版
 無料体験
Windows 版