ホームページ > 関連記事一覧 > Spotify 関連 > Apple Music の音楽を Spotify でも再生!

Apple Music の音楽を Spotify でも再生できる方法

2016年9月29日、世界最大の音楽ストリーミングサービス「Spotify」(スポティファイ)がついに日本でもサービスを開始しました。4000 万曲以上の楽曲が聞き放題で、スマートフォン、タブレット、パソコン、PlayStation3、PlayStation4 などで視聴が可能で、iOS や Android 向けのアプリも用意しています。いつでも、どこでも音楽を楽しむことができ、本当に最高ですね。

Apple Music をやめて、Spotify を使い始める方が多いでしょう?

だが、Apple Music を解約すると、My Music に追加した曲は聴けなくなります。もちろん、契約期間中にダウンロードした曲もライブラリから消え、iCloud ミュージックライブラリも表示されなくなります。そこで、Apple Music を解約しても、今まで利用している曲をローカル PC に保存して聞きたいですか?さらに、Spotify でも Apple Music の音楽を聞きたいですか?

Apple Music の音楽を Spotify でも再生できる方法

方法はたくさんあるかも知れませんが、ここでは、Apple Music の音楽をローカル PC に保存して、Spotify でも再生できる方法の一つをご紹介したいと思います。


Apple Music の音楽を高品質で保存できるソフト:

Apple Music の音楽を高品質で保存できるソフトNoteBurner iTunes DRM Audio Converter は、オールインワン音楽変換ソフトです。このソフトを使えば、Apple Music の音楽を M4A、MP3、WAV、FLAC 形式に変換でき、変換後、ID タグ情報もそのまま保持します。出力音質もオリジナル音質のままです。ほかに、iTunes 購入の M4P 音楽や、オーディオブックを変換することも可能です。 Windows 版Mac 版 も用意されています。

 無料体験
Mac 版
 無料体験
Windows 版


下記のように、Windows 10 での操作を例にしてご紹介します。


ステップ1:

NoteBurner iTunes DRM Audio Converter を PC にダウンロードしてインストールします。実行すると、iTunes も自動的に起動します。プログラムのメイン画面の左上に表示される「+」ボタンをクリックして、ポップアップしたウィンドウから保存しておきたい Apple Music の音楽を選択して、「確認」ボタンをクリックして変換リストに追加できます。

Apple Music の音楽を選択して変換リストに追加


ステップ2:

右上に表示される歯車のようなアイコンをクリックして、設定ウィンドウを開きます。出力形式には、M4A、MP3、FLAC、M4B などの形式が用意されています。その中から「MP3」に選択します。ここに、出力品質を高、中、低レベルに設定し、出力先を変更することも可能です。

出力を設定


ステップ3:

下の「変換」ボタンをクリックすれば、曲は自動的に変換されます。ステータス欄には、プロセスが表示されます。変換に成功した後、右上の履歴ボタンをクリックして、曲を確認できます。

Apple Music を変換しています

Apple Music の変換に成功


ステップ4:

変換れた曲は、設定された出力フォルダに保存されます。Spotify アプリを実行して、プレイリストを新規作成して、保存された Apple Music の曲をプレイリストに追加すれば、Spotify でも再生可能になります。


以上は、Apple Music の音楽をローカル PC に保存して、Spotify でも再生できる方法についてのご紹介です。
最後まで、お読み頂き、ありがとうございます。


関連記事:

お勧め人気製品

最強の音声変換ソフト
パワフルな iTunes 動画変換ソフト

NoteBurner iTunes DRM Audio Converter

 無料体験
Mac 版
 無料体験
Windows 版